お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

公営ギャンブル

一応は賭博が禁止ということになっている日本でも公営ギャンブルというものがあり、これらはかなりの人気で、ブログ村にもジャンルが用意されているほどです。いずれも満20歳から購入が可能となっています。

Wikipediaによれば、公営競技とされているのは、以下の競技です(括弧内は管轄)。

競馬(農林水産省)、競輪(経済産業省)、競艇(国土交通省)、オートレース(経済産業省)


それぞれの日程は、以下のようなサイトで確認することができます。

競馬
レーシングカレンダー | JRA

競輪
開催日程 | KEIRIN.JP

競艇
月間スケジュール | BOAT RACE

オートレース
開催日程 | Auto Race


しっかり理論的に売買を実施したということを立証できればはずれ券を経費として認められている例がありますが、基本的には外れ券は経費として計上することはできません。

そのため、当たり券の配当金の合計金額がそのまま一時所得扱いとなり、金額によっては税金を支払う必要が出てきて確定申告の対象となることになります。


ちなにに、払い戻し率のことを還元率と言いますが、公営競技の還元率はおよそ75%となっています。投資と考えるなら、この25%分を補うような料率での運用が必要ということになりますね。



廃止される競技場があったりと、必ずしも運営が上手くいっている競技場だけではないようですが、国全体としてみたら人気があるのは間違いないですし、今後もそれは変わらないのだと思います。


公営ギャンブルをライブ配信しているサイトもあり、現地に足を運べなくともレースを楽しむ方法が増えていますね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

カテゴリ
最新記事
広告
リンク
ランキング
パチンコ
RSSリンクの表示